読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oono yuukiのライブと『夜と火』

重たい腰を上げた。

そんな気分だった。先週の木曜日に、初めてoono yuukiのライブを観に行ってきた。

これまでもライブに誘われていたのに、なんとなく行っていなかったのは、スケジュールがあわなかったのが主な理由ではあるけれど、それと同時に、YouTubeで動画を観ても、いまいちピンとこなかったからというのもある。失礼な話。

ギターの弾き語りライブを聴くのは、正面から向かい合わなくてはいけないような気がしてしまって、ちょっとハードルが高い。全然行きたくないわけではないんだけど、少し心の準備がいるなあと思っていた。

 


HIRAKESAISAKI「motor park」oono yuuki

 

実際にライブを観たら、がらりと印象が変わった。

ステージに立ち、オレンジ色の照明に照らされて歌うoono yuukiは、深々とした雰囲気を湛えていた。緊張しているのか、それとも集中しているのか。ああ、この人は目の前に存在しているな、という感じで、「正面から向かい合わなくてはいけない」というよりも、もう向かい合わざるを得なかった。

夜中に人気のない道を散歩していたら、だんだんと空が白んできた。歌を聴きながらそんな情景が浮かんだ。とても良いライブだった。

 

ライブが終わった後、物販で本人からCDを買った。「すごく良かったです」と言ったら、うれしそうな顔をしてくれた。

 

家に帰って、アルバム『夜と火』を聴いた。次の日も、その次の日も聴いた。誰か大切な人を亡くして、悲しみ尽くしたあとみたいな歌だ。聴けば聴くほどそんな風に思うようになった。

アルバムのおまけで配っていた冊子に、2013年に病で倒れてバンドを辞め、旅をして、それからアルバムを作ったという漫画が描いてあった。2014年には麓健一さんと東北ツアーに行き、私の出身地でもライブをしたようだ(なぜあんな何もないところに行ったんだろう)。そのライブもアルバムを作る旅の途中だったとすれば、oono yuukiがこのアルバムのことを考えながら、私の知っている道を歩いたのかもしれない。

 

-------------

余談ですが、ライブを観て家に帰った後で夫に真っ先に述べた感想は

「oono yuukiはギターを持っている位置が高い」

でした。夫は「ジョン・レノンポジションじゃん!牧野君(夫の友達)がそれやってたよ!」と言い、その後ふたりでジョン・レノンの画像検索などを愉しみました。